安全・簡単に利益を出すことが可能!?信用取引の仕組みを理解してひと儲けしてみよう

信用取引は初心者が手を出すべきではない難しい取引?

株取引に全く携わったことがない人でも、「信用取引」というタームを聞き及んだことはあるでしょう。それだけ人口に膾炙した取引だと言えますが、一方で大変難しく危険な取引であると考えられています。確かに信用取引単体で利益を出し続けるのであれば、緻密な理論と頑強な精神力が必要になってきます。しかし、信用取引の仕組みをしっかり把握しておきさえすれば、例え初心者でも簡単にひと儲けすることも可能です。では、誰でも利益を出せる簡単な信用取引のやり方とは、どのようなものなのでしょうか。

株主優待を無料で獲得する!

昨今では株主優待は単なるオマケではなく、株取引の主目的だと考える人もいるほど知られるようになりました。しかし、一般的に優待の権利落ち日を過ぎると株価は下落してしまうため、優待を得ても株価で損をしてしまうことも多々あります。そうした状況を回避するために信用取引を活用します。つまり、優待を得たい銘柄を権利落ち日よりも前に購入し、同時に同一銘柄を信用売りするのです。これで完全に株価の損利は相殺されて、理論上コストゼロで株主優待を得ることができるわけです。

銘柄を既に保有している場合は逆日歩で儲けてみる!

大きく株価が動いて出来高が膨らんだ場合、証券会社が保有する銘柄のみでは信用売りされる建玉の数を満たすことができない場合があります。その際は、株を保有する人から貸株料を払って借り受ける必要が生じます。これによって生じる追加資金のことを「逆日歩」と言いますが、不足している銘柄を保有している人はこの逆日歩を受け取ることが可能になるわけです。もし、少々株価が落ちても手放せないような銘柄を持っていた場合、逆日歩狙いで貸し出してみるというのも手軽に利益を出す有効な手段となり得るのです。

信用取引銘柄は、一般と制度の二通りあります。一般銘柄は各証券会社が独自に決め、制度銘柄は取引所が決めます。後者の方が信用力があるため、金利は前者の方が総じて高めです。