自己破産の弁護士費用は様々ってホント!?選ぶ事務所によって違います

国の制度を利用すれば最安値で依頼できる

自己破産を考えている時には、何十万円もする弁護士費用などとても払えないと感じるでしょう。しかし、国の法律相談制度として存在する法テラス経由で、最大3回の法律相談を経て紹介された弁護士に依頼すれば、法テラス側で弁護士費用を立て替え払いしてすぐに手続きを始められます。一定の審査はあるものの、法テラスへ毎月返済して行けば良いので、安心して自己破産手続きに進むことが出来るわけです。国の制度を利用しているので、弁護士費用は手続き内容によって金額が決まっており、最安値で自己破産手続きを弁護士に依頼出来る方法として知られています。

自己破産の弁護士費用は競争環境の有無で変わる

自己破産手続きを依頼する際の弁護士費用は、各弁護士事務所により自由料金を設定出来ます。25万円で依頼出来る弁護士事務所もあれば、合計で60万円かかる所もあり、一概に自己破産手続きに必要な費用がいくらとは言えない現状です。弁護士側も自己破産希望者にお金が無いことは承知しているので、多くの弁護士事務所が費用の分割払いに応じています。一括払いにしか応じない弁護士事務所は、法人向けの破産手続を得意としているために無理に個人向けの自己破産依頼を受ける必要が無いので、敢えて高めの設定としているケースもあるわけです。首都圏の弁護士費用が安い理由は、自己破産を得意とする弁護士事務所が乱立しているからで、地方在住であっても依頼時に一度弁護士事務所に行けるなら、競争原理が働いている首都圏の弁護士事務所へ依頼した方が安く済む場合すらあります。

自分に合った弁護士に依頼しなければ意味がない

自己破産手続きを依頼する際には、弁護士費用が安いことに越したことはありません。しかし、最も重要視することは弁護士費用ではなく、弁護士との相性がいかに良いかが大切です。弁護士の中には個性が強いタイプの人も少なくないので、話してみて正直嫌いと感じる人も少なくありません。わずかなボタンの掛け違いが発生しても自己破産手続きでは、破産免責決定の有無という大問題が発生してしまうので、話しやすく信頼出来る弁護士を面談で確かめてから正式に自己破産手続き依頼を行なうことが何よりも優先されます。

自己破産とは債務整理の一種で、裁判所が免責を許可することで全債務の返済義務から免除されるのが特徴です。