必ずピッタリな補償を得られます!火災保険選びの3ステップ

まずは火災保険の目的を明確にしましょう

火災保険選びの最初のステップは、目的を明確にさせることです。火災保険の目的は、建物と家財の2種類あるため、両方なのかそれとも片方だけを選ぶのかはっきりさせましょう。たとえば一戸建ての戸建住宅を所有している場合は両方を対象にすることがベストですし、賃貸アパートに住んでいる場合は家財のみが基本です。ただし一戸建てであっても、非常に老朽化が進んでいる場合は家財だけを補償対象にしてもかまいません。いずれにしてもどちらがベストなのかは人によって異なるため、どうしても分からなければFPなどの専門家のアドバイスを受けることも有用です。

適切な補償範囲を考えよう

目的をハッキリさせたら、次に行うべきが補償範囲の考察です。現在の火災保険は火災が原因の金銭的損失だけでなく、想定しうる様々なトラブルを補償対象としています。たとえば大雪や台風、結露などによる水漏れや盗難被害など非常に多くの補償があります。ですが必ずしも全てをカバーする必要はないんですよ。たとえばタワーマンションの上層部で暮らしているのであれば、水災の補償は無意味です。ただし補償範囲を削り過ぎてしまっては保険の意味がなくなってしまいます。住んでいる地域のハザードマップを確認するなどして、必要十分な補償範囲をしっかりと考えましょう。

最後のステップは補償額の設定です

目的と補償範囲が決まったら、最後に行うことが補償額の設定。必要以上に高く設定すると毎月の保険料負担が大変なことになりますし、安くしすぎると保険の体を為さなくなりますから、適切な額を算出することが求められます。算出方法は幾つかありますが、基本的に再調達価額で考慮することが適切です。再調達価額とは、万が一のことがあった際に新築できるだけの金額のこと。建物は年々資産価値が下がっていく性質を持ちますから、時価で計算してしまっては被害に遭った際に立て直せないというわけなんですよ。算出と聞くと難しいイメージがありますが、インターネット上にある計算ツールを利用すれば簡単です。

火災保険は、火災はもちろんのこと、風災、落雷や水害など様々な自然災害で被った被害を補償する損害保険です。中には、盗難時の被害まで補償してくれる保険もあります。