相続税の支払い方法を知ってお得に支払いをする

納付方法の手順はこうだ

相続税が納付出来るのは、近所の銀行や郵便局の窓口で行えます。納付書は税理士に税金の計算を依頼していると、もらう事が出来ます。持っていない場合は、税務署に連絡して受け取ります。納付期間は、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内にします。この期限を過ぎると延滞税はかかり、最低でも年利が2.8%かかります。納付は基本的には一括を現金で行う事ですが、現金が用意出来ない時は延納と物納が利用出来る事もあります。

延納で支払う方法もある

延納は現金を分割で納付する事で、延納出来る条件があります。相続税額が10万円を超える場合や、金銭での一括納付が困難である場合です。また延納申請書の提出を納付期限までに行い、担保を延納税額に相当する分を提供する事です。延納申請書には延納する理由を書くのですが、言葉以外に実際に証明する必要があります。相続人が元々持っていた現金等が本当に無いのかを、証明します。担保にも種類があり、税務署長が担保に認めているものだけです。

物納で支払う方法もある

物納は延納でも相続税が納められない場合に、税務署に認められると納める事が出来る方法です。認められる要件としては4つあり、延納が困難である理由がある場合や納付するものが決められた財産である場合です。また物納適格財産があり、期限まで関係書類を提出する事です。物納を申請するには、税務署に金銭納付が困難である理由書を提出するのです。申請書には、金銭納付が困難な事を計算した説明資料を添付しないといけないです。

相続税相談が人気のある理由として、土地や建物などの価値に応じて税務上の手続きをスムーズに進められることがあります。