相続税は計算できる?間違えないための方法とは

相続税の計算は意外に複雑

親族がなくなってしまったようなケースでは相続が発生して遺産分割を行います。それを終えると行わなければならないのが相続税を納めることであり、その計算をしなければなりません。意外に難しいのが相続税の計算であり、現金は簡単に課税対象額がわかっても、土地などの不動産や自動車などの動産を評価するのは難しいことがよくあります。間違えてしまわないためにはプロに相談するのが最も安全な方法であり、税の計算ができるプロに相談してみましょう。

税理士に相談して解決

相続税の計算を行えるプロとなるのが税理士や弁護士です。税の専門家として信頼性が高いのは税理士であり、迷ったら税理士を探すようにしましょう。遺産として課税対象になるものがないかを探すところから手伝ってもらえるため、相続が発生した時点から相談しておくのが理想的です。本当に役に立ってくれるのかと心配になったらまずは相談するだけしてみましょう。初回の相談は無料とする事務所が多いため、そこで役に立ってくれるかを判断できるはずです。

税理士の選び方次第で節税も可能

相続する財産が大きい場合には相続税も大きくなります。少しでも節税したいと考えたらやはり税理士の力を借りるに越したことはありません。ただし、税理士にも得意とする分野があり、相続税を専門家としている税理士を選ばないと節税にまでは努力をしてもらえない可能性があります。特に節税を考えているときには相談する税理士事務所をよく吟味しましょう。口コミを参考にするのも良い方法であり、相続税専門の税理士がいる事務所に相談することが欠かせません。

相続税の税理士のサービスの質は、一般の顧客にとって分かりにくいものの、相談の対応事例を事前に確認してみましょう。